【高血圧サプリ安全性】高血圧サプリの安全性と副作用を症状や成分別に徹底解説!

 

このページでは血圧を健やかに保つための高血圧サプリの安全性と副作用について解説します。
世の中には様々な高血圧サプリが売られていますが、安全に利用できなければ意味がないですよね?
「サプリを使って血圧が穏やかになったけど、副作用が出てほかの体調不良になっちゃった・・・」

こんなことは絶対に避けたいですよね(-_-;)

安心して血圧ケアを行うために、
高血圧サプリの安全性に関する正しい知識をつけていきましょう!^^

大まかな結論だけ先に書くと、

・科学的根拠を伴うサプリを利用すること

・アレルギー性物質などの自分の体質に合わない成分を避けること

・副作用が出る恐れがある添加物や保存料が入ったサプリは飲まない

このあたりはしっかり抑えていきましょう。
また、各項目の理解を深めるために高血圧サプリの安全性についてこれから掘り下げて解説していきます。

関連ページ:血圧を下げるサプリメントランキング特集ページ

【高血圧サプリ安全性】高血圧サプリと薬の違いとは? 科学的根拠を伴っているかが大切!

そもそも、高血圧サプリと薬は何が違うのでしょうか?
安全な血圧対策を行うために、ここでサプリと薬の違いをしっかり理解しておきましょう。

【高血圧サプリ安全性】薬は病院で医師が監修・処方するもの サプリは食品!

まず、大前提としてサプリは薬ではありません。
サプリは健康食品に含まれています。薬ではないんです。

では、薬と健康食品の違いとは何か?
消費者庁から公式な説明が出ているので抜粋しますね^^

医薬品と健康食品の違いとは?

錠剤・カプセル状の健康食品は、医薬品と混同されやすいのですが、この二つは全く異なるものです。
その違いは、製品の品質(有効成分量、有害物質の混入の有無)、
安全性と有効性の科学的根拠(病気の治療・治癒効果の証明)、
そして利用環境(専門職のサポート体制)です。

医薬品は病気の人を対象に有効性・安全性が検討されていて、
医師・薬剤師の管理・指導によって安全かつ効果的に利用できる環境が整備されていますが、
健康食品の選択や利用は、消費者に任せられています。

(引用元:消費者庁 食品安全に関する取り組み http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/food_safety/pdf/food_safety_171002_0002.pdf)

このように、薬は科学的根拠に基づき(病気の治療・治療効果の証明がある)、医師や病院が監修・サポートして服用を続けるもの。
一方、サプリは食品であることがわかります。

ただし、サプリの中にも科学的根拠を伴うものもあります(特定保健用食品や機能性表示食品など。このページでも後で解説していきます)。

「え? 医師や病院が監修してサポート服用を続けられるなら高血圧サプリよりも薬のほうがいいの?」

と思われるかもしれませんね。
しかし、一概にそうとも言えないんです。
まず、薬のほうが副作用が強力です。重症の際(上昇時の血圧が180超えなど)は病院へ行き、薬を利用するのが一番です。

しかし、

・少し血圧が気になる
・最近血圧が高くなってきた
・でもまだこれと言って緊急性はない
・血圧対策を何もこれまでしてきていない

こういった場合はいきなり薬を利用するのではなく、サプリ、食生活の改善そして運動不足解消でアプローチするべきです。
薬はたしかに効果が得られますが、その反面副作用も大きいですし、何より薬に対して依存体質になってしまいがちです。
薬の場合は日々の生活習慣が改善されてないのに血圧が下がっていくので、健康状態がよくなるわけではありません。
しかも副作用の危険も出てきます。

緊急性を要するような高い血圧値(180超え)の場合は急いで病院へ行くべきですが、
ちょっと血圧が高くなってきた・・・というような状況では薬漬けになるのではなく、サプリの利用から始めることをおススメします。
薬は値段も高いですしね^^;

 

結論:薬とサプリは異なるもの。サプリは食品。
薬は科学的根拠に基づき(病気の治療・治療効果の証明がある)、医師や病院が監修・サポートして服用を続けるもの。
一方、サプリは食品。科学的根拠を伴うものもあるので利用する際は科学的根拠を伴うものを選ぶこと。
薬のほうが副作用が強力&生活が改善されないままになりがち。
症状が軽ければまずは医師に依存せずサプリの利用から始めよう。

【高血圧サプリ安全性】 サプリを選ぶときの注意点! サプリを薬として書くと違法!

インターネット上の多くのサイトでは科学的根拠を伴っていない高血圧サプリを薬と同じように説明しているものもあります。
しかし、前述したように、サプリは薬ではありません。
薬とサプリを勘違いしないように薬機法(薬事法)と呼ばれる法律もあるくらいです。

薬ではないのに薬のように偽った表記をしているサプリは危険です。注意しましょう。
特に、科学的根拠を伴っていないのに治るなどと表記されているものは利用してはいけません。
サプリやあくまで健康食品です。
ただし、特定保健用食品や機能性表示食品のように健康維持効果について、
科学的根拠を伴うことを消費者庁が保証しているサプリもあります。
こういったサプリは省庁に届け出がされていて安全です。

科学的根拠を伴う高血圧サプリを効果的に活用していきたいですね^^

【高血圧サプリ安全性】 高血圧サプリは健康食品の一種!安全な国産品で科学的根拠を伴うものを選ぼう!

高血圧サプリは健康食品の一種です。
世の中には様々なサプリが市場に出回っていますが、
安全なものもあれば科学的根拠を伴っていないものや国外の危険なサプリもあります。

ここでは、安全でたしかな効果があるサプリを選ぶための知識を身に着けていきましょう。

結論だけ先に書くと、
薬ではないがサプリの中にも科学的根拠を伴う健康食品があります。
それが特定保健用食品と機能性表示食品。
安全に血圧を健やかに保ちたいならこれらどちらかの表記があるサプリを利用しよう。
また、思わぬ副作用が生じないように、国産で無添加にできるだけ近いものを選ぶのがおすすめです。

【高血圧サプリ安全性】 特定保健用食品と機能性表示食品とは? 科学的根拠を伴っている安全なサプリ

安全な高血圧サプリを利用したいなら、科学的根拠を伴うものを必ず選びましょう。
大正製薬から販売されている「血圧が高めの方のタブレット」などのような科学的根拠を伴うサプリを選択するのが大事です。

では、そもそも科学的根拠を伴う食品とはどのようなものなのでしょうか?
科学的根拠を伴うサプリは主に二つ。特定保健用食品と機能性表示食品です。

特定保健用食品と機能性表示食品とは何か?-消費者庁に認められた科学的根拠を伴う食品-

・特定保健用食品(通称トクホ)は、国が人での安全性と効果を個別製品として審査し、
消費者庁長官が保健機能(健康の維持・増進に役立つ効果等)の表示を許可した食品です。

・機能性表示食品は、事業者の責任において、
一定の科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品です。
その安全性と機能性の根拠等については、
販売前に事業者から消費者庁長官へ届け出られ、届出情報が消費者庁のウェブサイトで公開されています。

(引用元:消費者庁 食品安全に関する取り組み http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/food_safety/pdf/food_safety_171002_0002.pdf)

このように、特定保健用食品と機能性表示食品のどちらかの明記があるサプリは
消費者庁により科学的根拠を認められた健康維持に効果的な食品です。

逆に言うと、これらの表記がないサプリや健康食品は科学的根拠を伴っていません。
利用しないほうが賢明でしょう。

安全に血圧を健やかに保つためには特定保健用食品か機能性表示食品の中で、
自分の体質にあったサプリメントを選択するのがおススメです。

当サイトでおすすめの血圧が高めの方のタブレットは機能性表示食品の資格を消費者庁から獲得しています。

【高血圧サプリ安全性】 国産でできるだけ無添加に近いサプリメントを接種しよう!

安全で血圧の健康維持に効果的なサプリを選ぶ際の指標の一つとして
特定保健用食品もしくは機能性表示食品を選べばいいことがわかりました。

ほかにもわかりやすく安全なサプリを見分けるポイントがあります。
それは、”国産品であること””有害な添加物がないこと”です。

健康食品やサプリには海外製品もありますが、日本の省庁がチェックせずに通販で販売されているものも多いです。
日本は食品に関する安全性にかなり気を配っており、検査などもしっかり行っている国です。
そんな日本のサプリを利用できる私たちが無理に海外製品のサプリを利用する必要はありません。
むしろ、海外製品は製品生産時の衛生面や検査工程に大きく不安が残ります。
海外のサプリは利用せず、安全な国内生産のサプリを利用することをおススメします。

また、添加物や保存料が必要以上に入っていないものを選びましょう。
このページの後半で添加物や保存料の成分に関しても詳しく説明していきます^^

【高血圧サプリ安全性】 自分の体質にあった安全な高血圧サプリを利用して副作用を避ける

高血圧サプリは食品なので、薬と比較すると副作用の発生確率は明らかに低いです。
しかし、サプリを利用する際の健康状態にはやはり個人差があります。
自分の体質に合わないサプリメントを過剰摂取すれば安全に支障をきたすことも・・・

そうならないために、自分の体質や日々の血圧変化をしっかり知ることが重要です。
高齢者、妊婦、血友病や腎臓疾患などの病気を持っている人などは高血圧サプリを利用する際にそれぞれ注意すべき事項があります。
接種しないほうがいい成分などもありますからね。

自分の体質・健康状態に応じて、安全な高血圧サプリを適切に接種できるように知識をつけていきましょう。

【高血圧サプリ安全性】 自分の体質を知ってサプリ使用による副作用リスクをなくそう

まず、サプリは薬ではなく食品であるため、用法・用量を守れば副作用は発生しません。
しかし、何らかの特殊な疾患を持っている場合は、サプリに含まれている成分と体質が合わないこともあります。
ありがちなのはアレルギー性物質がサプリに含まれていて、副作用としてアレルギー反応が出てしまうというもの。
これは、アレルギー報告がない成分でできているサプリを利用することで防ぐことができます。

また、疾患を持っている場合に特定の成分が体に合わず、副作用が生じることがあります。
高血圧サプリに含まれている中で特に注意すべき成分をこのあと説明していきます。

次に、どんな血圧推移をするかも重要です。
朝だけ血圧が高いのか。夜に血圧が上がるのかなど。
病院では血圧が低いが、平常時には血圧が高めに出てしまう人もいます。
こういった様々な高血圧の悩み・パターンがあることをまず知っておきましょう。
そのうえで、24時間血圧測定などを行い、自分の血圧状態を明らかにしておくことが大切です。
自分にあった高血圧サプリを適切な形で接種するために必要な情報ですからサプリ利用前に自分の血圧推移を把握しておきましょう^^

そのほか、年齢や妊娠の有無なども重要です。
このあと詳しく説明していきますね。

【高血圧サプリ安全性】 妊娠中の高血圧サプリ利用は医者に相談してからにしましょう

高血圧に悩む人の中の一定数に妊婦さんがいると思います。
いわゆる、”妊娠高血圧”と言われるものですね。

妊娠時は通常時と異なり、子宮にも血液を送る必要があるので血流量が増えます。そして血圧が上昇します。
基本的に血圧対策を行う場合はサプリで血圧を健やかに保ち、食生活の改善と運動習慣を付けることで健康維持を実現します。

しかし、妊婦さんの場合はちょっと状況が違います。
無理に血圧を下げすぎると胎児の発育不全にもつながってしまいます。
かと言って血圧を上げすぎても身体への負荷が高まってしまうのでよくありません。
ちょうどいい血圧を維持することが必要になってきます。

多少の血圧上昇であれば塩分制限をメインにして血圧の健康維持を目指しましょう。
ただし、血圧の上昇値が大きい場合は医者に相談してみましょう。
サプリを利用する際も妊娠時は医者の意見を聞いてからにしたほうがいいです。

【高血圧サプリ安全性】 仮面高血圧の人は高血圧サプリでしっかりと血圧の健康維持を目指そう

高血圧の中には”仮面高血圧”と呼ばれるものがあります。
仮面高血圧とは、病院などでの検診時は正常血圧なのに、24時間血圧や家庭血圧をとってみると血圧が高くなる人のことです。

仮面高血圧になっている人は病院で高血圧が見つからないので対応が遅れがち。
日々塩分を多くとりすぎていたり、運動不足の自覚がある場合はしっかり24時間血圧の測定を行うといいですね。

また、仮面高血圧になっている人は心臓肥大や動脈硬化などを併発している場合があります。
放置していては危険なので、高血圧サプリを利用し、食事制限を実践し、運動習慣を付けていきましょう。

選ぶべき高血圧サプリは血圧を広げ、副作用の成分が含まれていないものです。
日々の生活習慣の改善に取り組みながら高血圧サプリを毎日3カ月間は飲み続けましょう。

副作用の成分が含まれておらず、コスパのいい高血圧サプリを飲むのがおススメです。
大正製薬の血圧が高めの方のタブレットをまず試してみるのがいいでしょう。

【高血圧サプリ安全性】 腎不全になっている人はカリウム入りの高血圧サプリを避けること!

高血圧サプリの中にはカリウムを有効成分として含んでいるものがあります。
カリウムは血液内のナトリウム濃度を下げる働きがあるので、日本人が多量摂取しがちな塩分による血圧上昇を抑えてくれます。
カリウムの摂取量を増やすことで血圧低下の効果があったことも科学的研究で明らかになっています。

しかし、腎臓疾患を持っている人にとっては全く話が変わってきます。
腎不全などの腎臓疾患を抱えていると体内の老廃物を輩出する腎臓の機能が低下します。
体内に取り込まれたカリウムは腎臓から尿として排出されるため、
腎不全になると高血圧サプリの中に入っている有効成分であるカリウムを体外に排出することができなくなってしまいます。

カリウムの体外排出ができないと、体内にどんどんカリウムがたまっていきます。
カリウムがたまることで、”高カリウム血症”という危険な病気を併発してしまい、思わぬ副作用となってしまいます。
高カリウム血症になると神経麻痺などが起こり、最悪の場合死に至ります。

腎臓疾患を持つ人がカリウムを有効成分にした高血圧サプリを接種するのは大変危険です。
カリウムを含まない安全な高血圧サプリを利用しましょうね。

【高血圧サプリ安全性】血友病を患っている場合はDHA&EPAを接種してはならない

高血圧サプリの中は大きく分けて、
・血管を広げて血流をスムーズにするアプローチ
・血液をサラサラにして血流をスムーズにするアプローチ
の二つがあります。

血友病など、血が固まりにくい症状にかかっている人は後者の血圧ケアを採用してはいけません。
血液をサラサラにする成分は血液を固まりにくくするからです。
もともと血が固まりにくい人がさらに血液を固まりにくくしてしまうとちょっとしたケガや出血をしても血が止まらなくなってしまい、大変危険です。

このように、血液を固まりにくくする副作用を持つ成分がDHA&EPAです。
血液をサラサラにするというアプローチは基本的には悪くないのですが、
無理やり血中成分を変化させる血圧ケアは体内への負荷が大きいので避けるほうがいいでしょう。
特に、血が固まりにくい人はDHA&EPAなどの成分を接種するのは控えてください。

ヒハツ由来ピペリンなどの血管を広げて血流をスムーズにする成分を高血圧サプリで取り入れ、
血液を組成に関しては食生活の改善で脂肪分などを減らして実現することをおススメします。

【高血圧サプリ安全性】高齢の方が高血圧サプリを利用したい場合の注意点

高血圧になる方で一番多いのは高齢の方だと思います。
実際70代を超えると全体の80%の人が高血圧になっています。
高齢の方は同時に別の病気などを併発していることもあるので、接種する成分には要注意です。

高齢の方はむやみやたらにたくさんの有効成分が入っているサプリは避けましょう。

多くの有効成分が入っていることで安心感を感じてしまうかもしれませんが実際はその逆です。
多くの成分を体に取り込むことで自分の体質に合わない成分による副作用を引き起こしてしまいます(先ほど説明した腎臓疾患に人にとってのカリウム、血友病の人にとってのDHA&EPAのように)。
サプリは薬ではないですが、薬剤の世界で言われる”多剤投薬”と同じような危険があるので、自分の体質に合う有効成分だけを利用しましょう。

また、血圧を穏やかにしていくために利用するサプリとしては、
血液組成を変えるものではなく、血管を広げてあげる効果を持つ有効成分を取り入れるのがおすすめです。
血液組成を変えるサプリは思わぬ副作用を起こしがちですし、血圧が健やかに保たれるまでの時間がかかります。

そこで、当サイトでは血管を広げて血流をスムーズにするヒハツ由来ピペリンを含むサプリをおすすめします。
中でも、血圧が高めの方のタブレットは無駄な成分が含まれておらず、ヒハツ由来ピペリンのみが有効成分です。
高齢者に特におすすめのサプリです^^

 

【高血圧サプリ安全性】 更年期高血圧の人も注意すべき点は同じ! 血管を広げる有効成分を接種しよう

女性の場合、そこまで高齢化していなくても加齢の最初の段階として更年期高血圧になることが多いです。
卵巣ホルモンであるエストロゲンの分泌が急激に減少することによって、血圧が上昇してしまいます。
更年期の場合は加齢とともに血管も固くなっているケースが多いので、
まずは血管を広げる効果を持つ有効成分をサプリで接種するのがおススメです。

更年期では体内の科学成分のバランスが狂っていることが多く、
血液組成を無理に変化させるサプリは接種しないほうが安全です。
血液組成を変化させる余計な成分により思わぬ副作用につながることもありますからね。

血液組成に関しては食事と運動習慣の改善により変化させていきましょう。
ただし、これらだけでは血圧を健やかに保つまで時間がかかってしまうので高血圧サプリを利用していきましょう。
高齢者の方でも安心して使えるヒハツ由来ピペリンが含有されている血圧が高めの方のタブレットを利用するのがおススメです。

【高血圧サプリ安全性】若年性高血圧になったときに用いる高血圧サプリ 年齢が若い場合の注意点は?

高血圧は主に高齢者になるにつれて悩む方が増えますが、35歳以下の年齢で高血圧になる人もおり、
”若年性高血圧”と呼ばれます。
20代全体の5%、30代全体の10%の方が若年性高血圧になっており、それほど低い値でもないことがわかります。
生活習慣が悪かったり、運動習慣が身についていないと若くても高血圧になってしまいがちです。

若年性高血圧の原因は不健康な食生活や運動不足によるものと、
腎臓の病気やホルモンバランスの乱れによる生じるものに分けられます。

食生活や運動不足によるものの場合、
高血圧サプリを利用しながら食事制限や運動をしっかりとることをおすすめします。

腎臓の病気などにより生じている場合は薬との飲み合わせや
サプリの有効成分によるアレルギー・副作用に要注意です。
特に、腎臓疾患がある場合はカリウムサプリとの相性が悪いのでカリウムを避けるようにしましょう。

ヒハツ由来ピペリンなどの副作用報告がない成分を持つサプリを利用して、
しっかりとした食生活と運動習慣に改善して血圧を健やかに保ちましょう。

【高血圧サプリ安全】 小学生・中学生・高校生などの子供の場合は高血圧サプリの利用は安全?

小中学生や高校生でも最近は夜型になっていて生活習慣が乱れていたり、運動不足がひどい場合があります。
そういう場合には、10代の若さでも高血圧になってしまうことがあります。
現代病の恐ろしいところですね・・・

こうした10代の高血圧の場合もサプリは有効です。
ただし、子供の場合は大人以上にサプリに含まれる成分による悪影響も受けやすいです。
副作用やアレルギー報告がない高血圧サプリを利用しましょう。
ヒハツ由来ピペリンは副作用がない成分なのでおススメですね。
また、子供の場合は新陳代謝もよいですし、サプリや薬に頼りすぎるのはよくないです。
3カ月間サプリを利用し、ある程度血圧が落ち着いてきたら
サプリに頼りすぎないようにいったんやめるのが好ましいです。
とにかく日々の生活の見直しを第一に考えてあげてくださいね。

【高血圧サプリ安全性】授乳中の高血圧サプリ接種の際の安全性と副作用について

赤ちゃんに授乳させているときに高血圧サプリを利用する場合は、まずは食生活の改善が一番安全なアプローチです。
お乳を通して赤ちゃんへ接種したサプリの影響が出ないほうがいいですからね。
ただし、血圧が高いまま放置するのも身体に負荷がかかるのでおススメできません。

血圧が高い場合は高血圧サプリを利用して血圧低下を行いたいところです。
授乳中の方が高血圧サプリを利用する際は血液組成を変化させる有効成分を避けましょう。
血液組成を変化させることでお乳の成分にも影響が出てしまいますからね。

おススメは血液ではなく血管にアプローチする有効成分の利用です。
ヒハツ由来ピペリンは血管を広げてくれる効果を持っています。
ヒハツ由来ピペリンが配合されたサプリを利用するのがおすすめです。
また、食生活の改善の際には調味料の酢を塩分の代わりに取り入れましょう。
酢も血管を広げる効果があり、安全な食品です^^
酢とヒハツ由来ピペリンで授乳中の赤ちゃんに悪影響を与えることなく血圧ケアを行いましょう。

 

【高血圧サプリ安全性】副作用報告がない安全な原材料でできた高血圧サプリを接種しよう

ここでは、高血圧サプリに含まれる原材料、
中でも保存料や添加物として含まれている成分の安全性と副作用について解説していきます。

「高血圧サプリに含まれる成分の中でも保存料や添加物が原材料に含まれている場合は安全なのか?副作用はないのか?」
こうした疑問を解決していきます。
結論から言うと、基本的にはサプリの添加物や保存料は副作用が生じないものが選ばれています。
ただし、特別なアレルギーがある人には副作用が出ることがあるので先に保存料や添加物をチェックするのが安全です。

また、100円ショップなどに代表される格安で販売されている高血圧サプリは要注意です。
こうした海外で作られた高血圧サプリには有効成分がほぼ含まれておらず、
逆に保存料と添加物だらけで血圧を健やかに保つことはできません。

高血圧サプリは国内産で副作用がなく、安全な保存料、必要最低限の添加物のみが含まれているものを選びましょう。

【高血圧サプリ安全性】100円ショップで売られている高血圧サプリは安全ではない

まず最初に高血圧サプリの中でも特に危険かつ有用性がない100円ショップで売られているサプリについて解説します。

結論から言うと、100円ショップには十分な有効成分を含む高血圧サプリは存在しません。
そもそも、100円ショップで売られているサプリは外国産で省庁のチェックも受けていないものばかりです。
国によるチェックが入っていないので、
保存料や添加物も安全でないものが多量に含まれていることがあり危険です。

また、科学的根拠を伴う特定保健用食品や機能性表示食品の表示がある高血圧サプリはありません。
血圧特化型のサプリではない様々な健康サプリも売られていますが、
どれも不十分な有効成分で余計な添加物ばかりが含まれているので利用しないのが賢明でしょうね(-_-;)

100円ショップで売られている高血圧サプリや健康サプリの利用は安全性の観点からおススメできません。

では、どういった考え方で安全な成分・保存料・添加物が入っているサプリを選んでいけばいいのでしょうか?

【高血圧サプリ安全性】 高血圧サプリにアレルギー性物質が含まれていないかチェックしよう!

国産の高血圧サプリの保存料や添加物には基本的に安全な成分のみが使われています。
体に入っても副作用やアレルギー反応が出ない成分をほんの少量のみ配合するようになっています。
大手の製薬会社などでは日ごろ薬剤を開発・販売しているのでアレルギーや副作用に関して配慮していることがほとんどです。

しかし、特殊な体質や極端な個人差を持つ人も含めると、万人にとって完璧に安全なわけではありません。
ごくまれに一部の人にとってアレルギーを発生させる物質もあります。
例えば、ゼリーに含まれるゼラチン。
サプリの中には形状を保つためにゼラチンが含まれているものが時々ありますが、
ゼラチンアレルギーの人にとってはこうしたサプリはアレルギーという形で副作用が出てしまいますよね。
特殊なアレルギーを持っている場合はサプリの購入前に
自分の体質に合わないアレルギー性物質が入っていないかをチェックしましょう。

ここからは高血圧サプリの一つである
血圧が高めの方のタブレットに実際に含まれている成分や保存料や添加物に関して解説していきます。

【高血圧サプリ安全性】 ヒハツ由来ピペリンにはアレルギーや副作用報告はない

血管を広げ、血圧を健やかに保つ効果があるヒハツ由来ピペリンですが、
アレルギーや副作用の報告はこれまでありません。

ヒハツ由来ピペリンはもともと長胡椒と呼ばれる調味料から抽出したヒハツエキスの成分の一種で、特殊な化学成分ではないですからね。
一般の食品である調味料の成分なのでこうしたアレルギーも起こらず安心して利用できる成分です。

ただし、なんでも適量です。
通常であればアレルギーにならないはずでも、過剰摂取することで急にアレルギーになってしまうこともあります。
ヒハツ由来ピペリンを利用して血圧を健やかに保つなら、多すぎず、少なすぎずが大事です。
サプリなら血圧ケアのための適量の成分が入っていて、用量・用法で示されているので安心ですね^^

【高血圧サプリ安全性】 ステアリン酸カルシウムの安全性と副作用について

ステアリン酸カルシウム(ステアリン酸Ca)は高血圧サプリによく利用される保存料・添加物の一種です。
白色の軽い粉末でにおいはないです。
役割としては、サプリのタブレットや錠剤の形の成型・維持のために利用されます。
ステアリン酸カルシウムには副作用はなく、体内に入っても安全であることが臨床研究により示されています。
日本だけでなく欧州での科学研究でも安全性が明らかにされています。

(参考資料:ステアリン酸カルシウムの食品添加物の指定に関する添加物部会報告書(案)
https://www.mhlw.go.jp/shingi/2004/06/dl/s0624-6d.pdf

結論:ステアリン酸カルシウムは副作用がなく安全な成分です。

【高血圧サプリ安全性】 シリカゲル(微粒酸化ケイ素)の安全性と副作用について

シリカゲル(微粒酸化ケイ素)はサプリのタブレットや錠剤が湿気を吸ってしまわないために入れる保存料・添加物です。
高血圧サプリの品質保全に必要な成分ですね。
副作用はなく、体内に摂取してもそのまま体外へ排出されます。
安全な成分なので高血圧サプリに含まれていても問題ありません。

【高血圧サプリ安全性】 結晶セルロースの安全性と副作用について

結晶セルロースと呼ばれる物質もよく高血圧サプリに含まれています。
この物質は樹木から採取したウッドパルプなどから抽出される成分です。
吸水性に優れますが、水には溶けません。
サプリに配合される場合は粘度の調整やサプリに含まれている成分の結合剤として利用されます。
サプリの形は食感を整えてくれます。

副作用はなく、アレルギー報告もない安全な物質です。

【高血圧サプリ安全性】 カルボキシルメチルセルロースカルシウムの安全性と副作用について

カルボキシルメチルセルロースカルシウムという物質も高血圧サプリによく含まれている成分です。
この物質は水溶性の高分子でサプリに適当な粘度感を与え、固形成分を安定化させる保存料です。
アイスクリームの乳化安定剤としても利用されています。
一日の摂取量制限もなく、人体への毒性やアレルギーもありません。

副作用がない安全な成分ですね^^

【高血圧サプリ安全性】デキストリン(澱粉分解物)の安全性と副作用について

デキストリンは食物繊維不足を補うためにとうもろこしのでんぷんから作られた水溶性食物繊維です。
高血圧サプリの消化吸収を助けてくれる添加物です。
消費者庁からも安全な成分として認定されているので安心ですね。

また、一日の上限摂取量を定める必要がないほど人体への悪影響が見られません。
毒性・アレルギーもなく安全な成分として認められています。

【高血圧サプリ安全性】血圧が高めの方のタブレットに含まれる原材料・添加物は安心の成分だけ

血管を広げて血圧を健やかに保つ成分であるヒハツ由来ピペリンを含む”血圧が高めの方のタブレット”。
このサプリに含まれる原材料・添加物はここまで説明してきた副作用がなく、安全な成分だけです。
含まれている原材料は、
ヒハツエキス(ヒハツ由来ピペリン)、デキストリン、結晶セルロース、
カルボキシメチルセルロースカルシウム、微粒酸化ケイ素、ステアリン酸カルシウムです。

どれもここまで説明してきた安全な成分ですね。
血圧が高めの方のタブレットに含まれている有効成分のヒハツ性由来ピペリン・添加物・保存料には
アレルギー物質や人体に有害な原材料は一つも入っていないことがわかります。
製薬会社である大正製薬が作った高血圧サプリなだけあり、安全に血圧を健やかに保つことができますね。

 

更新日:

Copyright© 高血圧サプリランキング徹底比較!血圧低下効果の高い成分 , 2018 AllRights Reserved.