【高血圧サプリ効果】血圧を下げたい人へのおすすめ高血圧サプリ

【高血圧サプリ効果】血圧を下げる成分を持つ人気高血圧サプリと効果

高血圧サプリの効果として、
・「血管を広げる」
・「体温を上げて新陳代謝を良くする」
・「血管をスムーズにする」
・「血管をサラサラにする」ことなどが期待されます。

これらの結果として上昇してしまった血圧を下げていくことが可能になります。
高血圧に悩んでいるあなたに必要な成分とその効果について見ていきましょう。

【高血圧サプリ効果】ヒハツ由来ピペリンの高血圧改善メカニズムとは

【高血圧サプリ効果】ヒハツ由来ピペリンの素であるヒハツエキスとは?その効果は?

血圧を健やかにするためには、

・血管を広げ、血流をスムーズにすること
・新陳代謝を高め、体内の塩分を効果的に体外へ排出すること
・血液をサラサラにしていくこと

などの対策が考えられます。
こういった目的に対して即効性のあるアプローチを実現できる成分がヒハツエキスに含まれるピペリン、
すなわち、ヒハツ由来ピペリンです。

ヒハツ由来ピペリンの素になっているヒハツエキスとは何なのでしょうか。

ヒハツは沖縄県の島胡椒のことで私たちが日常用いるいわゆる”黒コショウ”、”白コショウ”とは異なります。
ヒハツは”長コショウ”や”ロングペッパー”と呼ばれています。
インドで用いられてきた長胡椒”ピッパリー”が中国で用いられるようになり、”ヒハツ”という名前になりました。
そのヒハツが沖縄に輸入され利用されるようになりました。

長胡椒ヒハツから私たちの体内を健やかにする成分が抽出されたエキス、それがヒハツエキスです。
インド・中国・沖縄県では以前よりヒハツは冷え性予防、
しわ、むくみの改善、毛細血管の修復、ダイエットなどに効果があるとされ、郷土料理として愛用されてきました。
特別な人為的科学成分ではなく、自然の植物から得られるヒハツは健やかな生活を助けてくれる香辛料です。

そんなヒハツエキスの中にある”ピペリン”と呼ばれる成分
-ヒハツ由来ピペリン-が血圧をおだやかにしてくれるわけですね。

【高血圧サプリ効果】ヒハツエキスから抽出されたヒハツ由来ピペリンの効果

沖縄の香辛料ヒハツから抽出された生薬ヒハツエキスから抽出されたヒハツ由来ピペリン。
血圧をおだやかに保ちたい人になぜこの成分がおススメなのか。その理由を見ていきましょう。

血圧とは体内の血管に対して働く圧力のことをいいます。
血圧が高くなる原因のうち、個人の努力で改善できる部分は主に4つあります。

1.血液がドロドロだと血が流れにくい。体内に血液を届けるために血圧を上げるしかなくなる
2.血管が狭いため、血管への圧迫が強まり、高血圧になる
3.血中の細胞内の塩分が高くなっていることで細胞が肥大化して血が流れにくくなっている
4.不規則な食生活・運動不足により血液量が増大しすぎている

血圧を下げるためにはこれらいずれかに対しての対策をとることになります。
ヒハツ由来ピペリンは血管を広げ、
血流をスムーズにする効果がある成分なので2に対して非常に効果的なアプローチになります。
また、新陳代謝を高め、体内の余分な塩分を輩出するので3に対しても効果的です。
1、4については血液の組成そのものを変えていかないといけないので一朝一夕にとはいきません。
こちらは食生活や運動などで改善していくのがいいでしょう(サプリなどで改善しようとすると副作用が出る場合があります)。

ヒハツ由来ピペリンが効果的な理由1: ヒハツ由来ピペリンは血管を拡張し血流をスムーズにする

ヒハツ由来ピペリンは血管を拡張し、血流をスムーズにする効果があります。

この図のように、ヒハツ由来ピペリンが体内に取り込まれると、
血中のNO(一酸化窒素)の働きが活性化されます。
一酸化窒素は血管を広げ、血流をスムーズにする効果があります。
血管が広がれば、血管内壁への圧力が下がる=血圧が下がるということになります。

ヒハツ由来ピペリンがNOの働きを増強→NOが血管を広げる→血流をスムーズに→血圧が下がる

というメカニズムで体内の血圧が下がります。

つまり、ヒハツ由来ピペリンにより、血圧を健やかにすることができるわけですね。

また、このヒハツ由来ピペリンを利用したサプリは大正製薬が特許を取っているため、
他社が利用することはできません。

また、さらに詳しい血圧低下のメカニズムも追記しておきますね(やや内容が高度化するのでサクッと進みたい場合は「ヒハツ由来ピペリンが効果的な理由2」までスクロールしましょう)。

血圧は、単純化すると、「血圧=血流量×末梢血管抵抗」という式で求めることができます。
これは”血圧に関するオームの法則”と呼ばれます(オームの法則:電圧=電流×抵抗で表される電子回路の計算などで利用される式)。
この式が教えてくれることとしては、
血液量もしくは血管抵抗を小さくできれば高血圧を改善できるということです。

まず、最初の選択肢である血液量の低下について考えていきましょう。
血液量を低下させるには食生活の改善が必須です。
タンパク質をしっかり補給し、健康的な食事を摂ることです。
血液量の増加原因は不規則な生活習慣や持病の悪化が原因となるため、
サプリの活用と同時に食生活や運動習慣の改善も行いましょう。
食生活と運動に関しても後に説明していきますね。

では、もう一つの選択肢である末梢血管抵抗を下げて血圧を下げるというアプローチはどうでしょうか?
末梢血管抵抗を下げるには、
1.血液をサラサラにする
2.血管を広げて血の流れをスムーズにする
の二つの方法があります。

このうち、即効性があるのは後者の「血管を広げて血の流れをスムーズにする」ことです。
血液成分を変えるには時間がかかりますし、急に血液成分を変えるのは体への負担も大きく危険です。
一方、血管を広げるだけであれば新陳代謝を高めつつ、血圧を下げることができます(この役割をヒハツ由来ピペリンが担ってくれるわけですね)。

そして実は、流体力学などで知られている「ハーゲンポアズイユの法則」から、
末梢血管抵抗を下げるためには、血液をサラサラにするより
血管を広げて血の流れをスムーズにするほうが圧倒的に効果が高いことがわかっています。

~ハーゲンポアズイユの法則とは~
管径が一定の円管を流れる粘性をもつ流体(非圧縮性のニュートン流体)の定常層流解、
つまり円形の管の中をゆっくり流れる水などの流れ方に関する厳密解のことである。
(引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%82%B2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9D%E3%82%A2%E3%82%BA%E3%82%A4%E3%83%A6%E6%B5%81%E3%82%8C)

ハーゲンポアズイユの式を利用すると以下の式が成立します。
ΔP=Q×8μl÷(πr^4)
ここで、血圧差はΔP、血液の心拍出量はQ,血液の粘性係数はμ、血液が流れる距離はl、血管半径はrで表されます。
末梢抵抗R=μ×l÷(32πr^4)とすると、
血圧差=心拍出量*末梢抵抗となります(最初に説明した血圧=血液量×末梢血管抵抗の形になりますね)。

血管の長さを変えることはできないので、最初の式の形を見て変化させることができるのは
1.心拍出量Q
2.血液の粘性μ
3.血管半径r
です。これらのうちどれかを変えることで血圧を変化させることができます。

そして、式の形から、上記の心拍出量Q、血液の粘性μ、血管半径rのうちどれを変えるべきかが明らかになります。
1.心拍出量Qを半分にすること(食生活や運動習慣の改善)
2.血液の粘性μを半分にすること(血液をサラサラにすること)
3.血管半径rを1.18倍にすること(血管を広げること)
これら3つの効果が同じことが計算するとわかります。

つまり、血液量Qや粘性μを50%に減らして得られる効果が血管半径を変える場合、
わずか18%血管半径を広げるだけで得られるのです。
このため、心拍出量を血圧を下げるためには血管半径rを上げるのが最も効果的であると考えられます(血圧がr^4に反比例するので血管半径を広げる効果が大きい)。

このように流体力学の理論に基づいているため、
血管半径を広げるというアプローチをとれるヒハツ由来ピペリンは血圧を健やかにする上で非常に効果的です。

ヒハツ由来ピペリンが効果的な理由2: 体内の新陳代謝を高め、体温を上げて体内の塩分を排出する

ヒハツ由来ピペリンの成分が効果的な理由は血管半径を広げることだけではありません。
ヒハツ由来ピペリンの素になっているヒハツは先ほど説明したように長胡椒と呼ばれる胡椒の仲間です。
コショウは発汗作用や新陳代謝を高める働きがありますが、
同様に長胡椒でも新陳代謝を高める効果や体温上昇を助ける効果があります。
ヒハツ由来ピペリンは消化酵素の分泌を促進させるため、新陳代謝を高め、体温が上昇します。
これにより、汗や尿を通して体内の余分な塩分を排出することができます。

また、新陳代謝が高まるため、体内の消化吸収を促進する効果も見込めます。

血圧が高くなる原因の一つに老化の進行による動脈硬化が上げられますが、
ヒハツ由来ピペリンの効果により血管のアンチエイジング化を行うことができます。
動脈硬化は血管が老化し、硬くなることで生じるのでヒハツ由来ピペリンを利用した血圧ケアが有効です。
新陳代謝を高め、血管の活動を活性化させ、血管の血中細胞から余分な塩分を排出すると共に、
血管の若返りを目指すことができます。

ヒハツ由来ピペリンが効果的な理由3: 様々な原因の高血圧に広く利用でき、即効性がある

ヒハツ由来ピペリンは様々な高血圧に広く利用することができ、即効性があります。
高血圧になる原因としてはのちに述べるストレス、更年期障害や動脈硬化などが挙げられます。
血圧を健やかにする上で、血液の組成を変えるサプリ(カリウム系サプリなど)を利用することも可能ですが、
血液の化学成分大幅に変得る場合、強い副作用が生じる場合があります。
例えば、血が固まりにくい人が血液をサラサラにするサプリを利用すると、ケガをした際に血が固まらなくなり危険です。

ヒハツ由来ピペリンはもともとの成分が沖縄の島胡椒である長胡椒ヒハツから抽出しただけのものです。
食品由来の安全な成分で、塩分を除く血中の化学成分を変更させることがありません。
そのため、基本的にどの原因の高血圧にも利用することが可能です。

また、成分が効果を発揮する速度も大事です。
ヒハツ由来ピペリンは血管を広げ、血行を促進したり、
新陳代謝を高める効果があり、素早く血圧を穏やかにすることができます。

一方、血液組成を変えるサプリメントや薬の場合、
即効性に欠けていることが多く、あまりお勧めできません。
血圧が高い状態をそのままにしておくのはとても危険です。
まずは、素早く血圧を穏やかにし、日々の食生活や運動改善に取り組むことがおススメです。
ヒハツ由来ピペリンを摂取しながら食生活と運動を改善していきましょう。

次からは高血圧になる原因や食生活と運動について解説していきます。

【高血圧サプリ原因】高血圧になってしまう原因と対策は?

高血圧になる原因には様々なものがありますが、大きく分けると3つに大別することができます。
・ストレスや食生活や運動などの日々の生活習慣に根差すもの。
・動脈硬化や更年期障害などの老化現象により高血圧が引き起こされるもの。
・遺伝などの先天的要因
に大きく分けられます。
また、一時的な症状としては妊娠時の高血圧などもあります。
それぞれの原因について解説していきます。

【高血圧サプリ原因】ストレス過多による血管収縮

高血圧になる大きな要因の一つが”ストレス”です。
現代社会ではストレスを感じることが多く、若者の高血圧などはストレスが原因となって発生するものも多いです。
もちろん、働き盛りの30~50代やシニアの方でもストレスをため込んで高血圧になっている場合があります。

血圧は交感神経と副交感神経からなる自律神経によってコントロールされていますが、
このうち血圧の上昇には交感神経がかかわっています。
交感神経の働きが活発になると、末梢血管が収縮するとともに、
心拍数が増加して心臓から送り出される血液量が増えるため、血液が血管を押し広げる力(=血圧)が高まります。
(引用元:https://kanja.ds-pharma.jp/health/ketsuatsu/faq/lif_stress.html

このように、血圧上昇にストレスは大きく関わってきます。

現代では、会社の仕事の長時間労働や上司からのセクハラ・パワハラなどの社会的・心理的ストレスはもちろん、
インターネットのSNSなどを通して常に人とつながっている環境によるストレスにも私たちは晒されています。
ひと昔前に比べると、本当に現代では長期的にストレスを受け続けてしまう人が少なくありません。
ストレスにより、交感神経の働きが活発になり、血管収縮を起こしてしまう人も増えています。
このため、ヒハツ由来ピペリンなどの血管を広げる成分を摂取していくことが対応策となります。

また、ストレスは精神的なものだけではありません。
睡眠不足や運動不足や不規則な生活などを続けるだけでも身体には負担がかかります。
特に、睡眠不足になると血圧が上昇しやすいので、ストレスの負荷とダブルパンチにならないよう注意しましょう。
睡眠をしっかりとるだけでも日々受けているストレスが改善されるはずです。

ストレスや高血圧対策としてヒハツ由来ピペリン以外の成分を含有したサプリを利用する選択肢もあります。
実は、ストレスに良いとされるDHA&EPAやGABA(ギャバ、別名γ-アミノ酪酸)を利用したサプリなども販売されています。
しかし、ヒハツ由来ピペリンに比べるとあまりお勧めできません。
血液組成そのもの働きかけるので身体への負担が大きいからです。

DHAやEPAはサプリの含有量がさほど多くない上、普通にイワシ一匹食べるほうが良いです。
また、新鮮さが重要な成分でもあるため、サプリに含有されていても効果が薄いのが実態です。

GABAに関しては、副作用の効果が発表されています。
・アルコール依存症を引き起こしやすくなる。
・軽度の食欲減退
・腹痛
・手足のかゆみ
・軽度の胃腸障害
・吐き気
・呼吸の乱れ
といった副作用が報告されており、おススメはできませんね・・・

ストレスと血圧対策に利用するならやはり即効性があるヒハツ由来ピペリンがいいですね。

頭痛や息苦しさなどの自覚症状があり、血圧も高めに出ている場合は体からのSOSです。
もし自覚症状があれば今すぐにサプリを利用したり、日々の生活環境の改善が必要です。
しっかりと休息をとって、ヒハツ由来ピペリンなど血管を健やかにしてくれる成分を摂取し、
血管収縮を抑えながら日々の生活を改善していきましょう。

【高血圧サプリ原因】 老化に伴う更年期高血圧での血圧上昇

高血圧になる世代はやはり40代以降、特に60代後半からの高血圧持ちの割合は高いです。

高血圧の人の割合は、65~74歳で66%、75歳以上の80%もの人がかかっている。
75歳以上に限れば、5人に4人が高血圧となる。
(引用元:日本高血圧学会「高血圧治療ガイドライン2014」http://www.jpnsh.jp/guideline_digital.html)

65歳以上になると5人に一人が高血圧になってしまうのが老化の恐ろしいところです。
特に、老化による高血圧で大きな要因になるのは二つ。

・更年期高血圧
・動脈硬化

この2点です。もちろん食生活、アルコールの過剰摂取や運動不足などが原因になる場合もありますが、
シニアの方が高血圧になっている場合に真っ先に気をつけたいのは更年期障害と動脈硬化ですね。
この二つの要因で高血圧になる人の割合がとても高いので解説していきます。

【高血圧サプリ原因】更年期障害による高血圧に注意!

まず、更年期障害とはなんでしょうか?
厚生労働省によると以下のように説明されています。

40歳代以降の男女の性ホルモン分泌量の低下が原因となる自律神経失調症に似た症候群。

男女ともに40歳を過ぎた頃から見られる、様々な体調の不良や情緒不安定などの症状をまとめて更年期障害と呼びます。
女性の場合は、閉経期前後の約10年間に卵巣ホルモンである
エストロゲンの分泌が急激に減少することによって症状が現れます。
男性の場合は、30歳以降睾丸ホルモンであるテストステロンの分泌が減少し始め40歳代後半で症状が現れることがありますが、女性の場合と較べ分泌量の変化が緩やかなため老化現象の一部と認識されて気付かれないことが多い

(引用元:厚生労働省 https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/heart/yk-081.html)

更年期障害では、着目されるのは主に女性ですが、実際は男性にも生じます。
テストステロンの減退自体が直接的に血圧に大きな影響を及ぼすわけではありません。
しかし、更年期障害になることで精神的・心理的負担が増すことによるストレスや、不眠症状が出ることがあります。
これらの派生効果で男性も更年期障害で血圧が上昇してしまいます。
男性も更年期障害による高血圧は女性特有のものと放置せず、日々の血圧変化に気を配りましょう。

ただし、血圧に関して言えばやはり気を付けるべきは女性の更年期障害です。
女性の場合は更年期障害になるとエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という
2種類の女性ホルモン分泌が急激に減退します。

特に、エストロゲンという女性ホルモンには、
血管の老化や収縮を防いだり、体内の水分やナトリウムを調整する働きがあります。
どれも高血圧になることを防ぐ上で重要な働きですね。
更年期障害によりエストロゲンの分泌が極端に減少することで、その働きが失われます。
一般的に男性の方が女性より血圧は高めなのですが、更年期障害以後の女性の場合は一気に高血圧が進むことがあります。
実際に更年期以前、以後と思われる40代~50代の境から一気に高血圧になっている人の割合が増えます。

女性の高血圧症の有病率を年代別にみますと、30歳代までは全体の数%にすぎませんが、40歳代になると14.2%(予備軍をふくめると32.4%)、50歳代では39.2%(58.3%)、60歳代では57.6%(74.9%)と、更年期を境に急増しています

(引用元:https://www.healthcare.omron.co.jp/resource/column/life/90.html

このように、女性の場合は更年期障害により一気に高血圧になる場合があることがわかります。

また、女性の更年期障害特有の現象としては、”ホットフラッシュ”と呼ばれるものがあります。

ホットフラッシュ」という、のぼせやほてりは、更年期障害の代表的な症状のひとつです。
急に顔が熱くなったり、汗が止まらなかったりします。
自律神経の調節がうまくいかず、血管の収縮・拡張のコントロールができなくなることが原因です。
(引用元:http://www.hisamitsu.co.jp/hrt/about/symptoms.html)

エストロゲンの減少だけでなく、ホットフラッシュによる自立神経の調節機構の衰えも血圧を高めてしまう要因です。
こうした高齢化に伴う更年期障害への対策として、ヒハツ由来ピペリンを利用し、
狭まってしまった血管を穏やかにしていきましょう。

【高血圧サプリ原因】 動脈硬化による血管の老化で生じる高血圧

老化による高血圧の要因として最も大きなものが”動脈硬化”です。
動脈硬化の定義は、厚生労働省により説明がなされています。

動脈の血管が硬くなって弾力性が失われた状態。
内腔にプラークがついたり血栓が生じたりして血管が詰まりやすくなる。
動脈は、心臓から送り出される血液を全身に運ぶ血管です。

酸素や栄養素を運ぶ重要な役割を持っており、通常は弾力性がありしなやかですが、
加齢による老化や様々な危険因子によって厚く硬くなってしまうのが動脈硬化です。

加齢や高血圧が原因で起こり、進行すると血管が破裂して脳出血に至る恐れがあります。
動脈硬化は、喫煙・コレステロール・高血圧・肥満・運動不足などの危険因子が重なることによって発症しやすくなります。

(引用元:https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/metabolic/ym-082.html)

まず、動脈硬化は高血圧の原因になります。
血管が固くなり、弾力性が失われることが動脈硬化ですが、
これにより、体内の隅々まで血液を送るためにより多くの血液量を流す必要が生じます。
血液量の増加→血管内壁への圧力が高まる→血圧上昇
というメカニズムが働くため、高血圧になるわけですね。

しかし、逆に高血圧が動脈硬化の原因にもなってしまいます。
高血圧が続くことで、血管内壁への負荷が高まっていきます。
そのため、血管が固くなり、血流が悪くなっていきます。
この状態が悪化していくと動脈硬化が進行します。

つまり、動脈硬化と高血圧は表裏一体。
高血圧になったら動脈硬化に気を配る必要がありますし、
動脈硬化になったら高血圧に注意することになります。

特に怖い症状の一つは足の動脈硬化です。
高血圧状態が続き、足が弱っていると足の血管が動脈硬化になることがあります。
この場合、下半身の血流が低下し、足に痛みやしびれが起こることがあります。
老化で足が弱っているときに高血圧と動脈硬化により最悪自立歩行できないといった状況も生じます。
そのため、高血圧と動脈硬化の連鎖を断ち切る必要があります。

このような動脈硬化による血圧上昇を防ぐ手立てとしては、
血管を拡張する効果を持つ成分であるヒハツ由来ピペリンを摂取し、
食生活の改善を行うことです。
運動不足や睡眠不足なども対策は必要ですが、老化による高血圧の場合は
急な運動により血圧が上昇し、血管が傷つくことがあるので気を付ける必要があります。
身体に負荷がかからない食生活の改善とヒハツ由来ピペリンの摂取から始めていくのがいいでしょう。

また、動脈硬化による高血圧を改善する食材としては、
野菜、魚、穀類、大豆、海藻、お茶、コーヒー、トマトジュースなどの摂取がおススメです。
栄養素としてはマグネシウム、クエン酸、ポリフェノール、アルギン酸、ビタミンE,Cの摂取を心がけるといいでしょう。

逆に、あまり摂取しないほうがいい食材は肉の脂身、乳製品、卵黄、アルコール、食塩です。

ヒハツ由来ピペリンを摂取して血管を狭めないようにしながら、
食生活を見直し、日々の健康状態を健やかにしていきましょう。

高血圧の原因として、ここまで老化やストレスなどの要因を説明してきました。
ヒハツ由来ピペリンが含有されたサプリを利用してまずは即効性をもって血圧を健やかにしましょう。
しかし、それだけでは長期的な血圧改善には繋がりにくいです。
ここからは日々の生活習慣により血圧が悪化していく要因を見ていきましょう。

【高血圧サプリ原因】運動不足による肥満が血圧を高めてしまう

高血圧を引き起こすのが生活習慣の場合、原因となる大きな要因の一つは”運動不足”です。
特に運動不足により肥満状態になっている場合は注意が必要です。

一般にはメタボリックシンドロームなどの言葉で知られている状態になっている人や、
メタボ予備軍と言われれている人は要注意です。
メタボになると糖尿病にかかりやすくなりますが、糖尿病になることで高血圧になりやすくなります。

糖尿病になると高血糖になるため、血液の浸透圧が高まります。
このため、水分が細胞内から細胞外に出やすくなってしまいます。
そして、血液量が増加してしまい、血管を圧迫して高血圧状態になります。

また、運動不足により肥満になると血圧の調節効果を持つ交感神経が緊張状態となり、
血圧を高めてしまうホルモンであるアドレナリンやノルアドレナリンなどを過剰に分泌していまいます。
これらの成分は高血圧を引き起こす原因になっています。

肥満・糖尿病も高血圧を引き起こしていきますが、
同時に高血圧の状態が続くことで動脈硬化を引き起こし、
動脈硬化が高血圧を助長していくことになります。
重度のメタボリックシンドロームになると肥満・糖尿病・高血圧・動脈硬化が連鎖的に生じてきます。

運動不足や肥満が原因となる場合は、
糖尿病によるリスク及び運動不足による交感神経の不具合により、高血圧が発生してしまいます。
直接的には運動習慣を付け、肥満を改善していくしかありませんが、
そのためには長い時間をかけていく必要があります。
ですが、血圧を高いまま放置していくのはよくありません。
即効性のあるヒハツ由来ピペリンを摂取しながら運動習慣の改善に取り組みましょう。
短期でしっかり血圧を健やかにする方法を取り入れながら、長期的な血圧の健康を取り戻すために運動不足・肥満を解消していきましょう。

【高血圧サプリ原因】不健康な食生活や過度な飲酒により血圧が上昇してしまう

高血圧になってしまう原因として、一番避けづらいのは老化による動脈硬化などですが、
日々の食生活や飲酒の習慣によっても血圧は高まってしまいます。
塩分・アルコール・コレステロールなどは高血圧の大敵ですね。
不健康な食生活や過度な飲酒がどのように血圧にとって悪影響を及ぼすのか解説していきます。

【高血圧サプリ原因】塩分取りすぎによる血中ナトリウムの増大が血圧に与える影響とは

まず、塩分の摂りすぎがどれだけ血圧を増大させるかを見てみましょう。

【塩分摂取量と血圧の関係図】

米国で行われた科学研究の結果
(引用元:国立循環器病センター http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/pamphlet/bp/pamph110.html)

心臓が収縮して動脈に血液を送り出したときの血圧が”収縮期血圧”、
心臓が拡張して動脈にかかる圧力が小さくなったときの血圧が”拡張期血圧”です。
収縮期血圧130mmHg、拡張期血圧85mmHg未満は正常とされています。

この図を見てみるとわかるように、塩分の摂りすぎにより血圧が高くなってしまうことがわかります。
塩分はNaCl(塩化ナトリウム)と呼ばれるように、ナトリウム元素Naを含みます。
塩分を摂取すると、体内でNaとClは分離され、摂取したナトリウムの一部は血液中の細胞に取り込まれます。
血中細胞の中にナトリウムが入ると、血中細胞が肥大化してしまいます。
つまり、”血管内が狭くなるということ”です。
狭くなった血管で多くの血液を流すには血液量を増やすしかありません。
多くの血液を流そうとするため、血管内壁を圧迫してしまい、高血圧となってしまいます。

そのため、塩分を摂りすぎると直接的に高血圧の原因となります。
血中ナトリウムの増加により血圧が上昇してしまうので食生活の改善などを行っていく必要があります。
サプリメントの利用で血圧を下げ、状況が悪化しないようにすることは重要ですが、
塩分の摂りすぎが原因の場合は減塩がとても大事になってきます。
このページの後半で減塩対策の食事法に関しても解説していきますね^^

【高血圧サプリ原因】 飲酒によるアルコール摂取による血圧上昇について

ここでは飲酒が血圧に与える影響について解説します。
ネット上のメディアでは、お酒を飲むと血圧が下がるという話があったり、血圧が上がるという話もありますが、
実際のところはどうなのでしょうか?

結論から言うと、アルコールを摂取すると一時的には血圧が下がります。
アルコールを分解するとアセトアルデヒドという物質が生成されます。
このアセトアルデヒドは体内の血管を広げる効果があるため、血管中の血液が流れやすくなり血圧が低下します。
さらに、お酒には血液の凝固成分の役割を弱める働きもあるため、血液もサラサラになり、血圧低下に貢献します。
また、お酒に弱い人ほどアセトアルデヒドを分解する酵素が少ないのでより血圧低下が促進されます。

ここまでの内容では、アルコールは血圧が上がる原因ではないように思えますがそんなことはありません。
やはり飲みすぎは厳禁です。
約30mlのアルコール摂取までは大きな影響はありませんが、それ以上のアルコール摂取が習慣化している場合、
アルコールの摂取量が多くなるほど血圧が高くなることが明らかになっています。
国の研究機関のデータや科学論文の内容なども引用しながら、確かなデータに基づいて見ていきましょう。

図1. アルコールの摂取量が多いほど血圧は高くなる

アルコールは血圧を一時的に下げることもありますが、
長い間、飲み続けると、血圧を上げ、高血圧症の原因になると考えられています。
多くの研究で、日々の飲酒量が多いほど血圧の平均値が上がって、
高血圧症になるリスクも高まることがはっきりしてきました。

「日本酒1合、ビール大瓶1本、ウイスキーシングル2杯、ワイン2杯」のそれぞれに含まれるアルコールは、
約30ミリ・リットルですが、これまでの研究をまとめますと、
アルコール1日30ミリ・リットルあたり、血圧は3ミリほど上がることが認められています

(引用元:国立循環器病センター http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/pamphlet/general/pamph32.html)

上図を見ればわかるようにアルコールを毎日摂取するからと言っていきなり血圧が上がるわけではないです。
しかし、一日の摂取アルコール量が30mlを超えてきたあたりから一気に血圧が上昇していることがわかります。
毎日日本酒1合やビール大瓶を1本以上など飲む方は、アルコールも血圧上昇の原因になっています。
「お酒を飲めば血圧が下がるから大丈夫!」
もしあなたがそう思ってガブガブお酒を飲むことを正当化していたら・・・今すぐ改善したほうがいいでしょう^^;

また、アルコールを摂りすぎると血圧が上がる理由としては、

・血管の収縮反応が高まり、慢性的な血圧上昇につながる
・心臓の鼓動を高めてしまい、身体へのストレスと同様に交感神経を活発化
・腎臓からカルシウムやマグネシウムが失われる
・お酒に含まれる高カロリーによる体重増加
・塩分を多く含むつまみによるナトリウムの追加摂取

などがあります。
では、お酒は全く飲まないほうがいいのでしょうか?
実際に高血圧の人が飲酒を制限した場合の一日間での血圧推移の結果が得られています。

図2. 高血圧の人が酒を飲んでいるときと、酒を控えたときの24時間血圧

高血圧の患者さんについて、飲酒を続けている時期と、
酒を控えた飲酒制限期の血圧を24時間血圧測定や家庭血圧によって調査しました。

その結果が<図2>のグラフで、飲酒期の血圧は、
飲酒制限期に比べて日中はやや高く、酒が血圧に影響しているのがわかります。

ところが、夜間は酒を飲んでいる時期の方が低くなったのです。
1日の平均血圧では、飲んでいる時期と飲んでいない時期と比べると、あまり変わらないという結果になりました。
家庭血圧でも同様に、酒を飲んでいる時期は朝は高いが夜は低いという結果でした。

したがって、アルコールが日中の血圧を上げることは事実ですが、
夜の血圧(飲酒後数時間)は逆に下げるように働きます。
アルコールと高血圧の関係は、これまで過大に評価されてきたのではないでしょうか。
別の見方をすれば、高血圧の患者さんが飲酒を控えた場合には、
日中の血圧は下がりますが、1日の平均血圧でみれば、期待するほどの降圧効果はなさそうです。

(引用元:国立循環器病センター http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/pamphlet/general/pamph32.html)

このように、一日のアルコール摂取量が30mlを超えない範囲であれば、
お酒を飲まない時と飲むときでは平均的には大きな差がないことがわかります。
お酒を飲んでいる人は朝方に血圧がやや高くなりますが、夜には逆に血圧が低くなっています。
血圧のことを考えると飲酒は絶対にダメ!というわけではないようですね^^

一日のアルコール摂取量が30mlを超えると飲みすぎになり、血圧上昇の原因になりますが、
血圧を健やかに保つという目的なら、30ml以下であれば禁酒しなくてもよいことがわかります。
しかし、つまみなどの摂取で塩分を摂りすぎになると血圧が高くなってしまいます。
血圧が高くなっている時にお酒を飲む場合は十分注意して飲みましょう。

【高血圧サプリ原因】コレステロール過多による血圧上昇に注意

続いて、コレステロールを摂りすぎることによる血圧上昇について解説します。
コレステロールとはそもそもなんでしょうか?


コレステロールは人間の体に欠かせない脂質のひとつですが、
増えすぎると血管壁に蓄積し、動脈硬化の原因となります。
コレステロールには、悪玉(LDLコレステロール)と善玉(HDLコレステロール)があります。
悪玉が血中で過剰に増えるとコレステロールが血管壁に蓄積し、血管を詰まらせたり、動脈硬化を進行させます。

(引用元:http://www.shionogi.co.jp/wellness/diseases/dyslipidemia.html)

コレステロールは脂質の一つであり、
血中で悪玉コレステロール(LDLコレステロール)が増えると血管が狭くなってしまう上、
血管内壁が劣化して動脈硬化が進行してしまいます。
動脈硬化が進行するということは同時に高血圧になってしまうということです。
悪玉コレステロールの摂りすぎは血圧が気になる方は絶対に避けないといけませんね。

では、一日にどのくらいのコレステロールを摂取していいものなのか?
また、気を付けるべき食品などはあるのでしょうか?

コレステロールの摂取量の基準は、

18歳以上の男性:750ml未満、
18歳以上の女性:600mg未満、
高コレステロールの人:300mg未満

とされています。
高血圧が気になる人は高コレステロールの人の摂取基準である300mg未満を目指したいところですね。
コレステロールの高い食材を種類別に分けると以下のようになります。

コレステロールが高い食べ物一覧

肉・卵

食品名 コレステロール
(mg)
脂質
(g)
たんぱく質
(g)
炭水化物
(g)
フォアグラ 650 49.90 8.30 1.50
鶏卵 420 10.30 12.30 0.30
鳥レバー 370 3.10 18.90 0.60
豚レバー 250 3.40 20.40 2.50
牛レバー 240 3.70 19.60 3.70

魚介類

食品名 コレステロール
(mg)
脂質
(g)
たんぱく質
(g)
炭水化物
(g)
するめ 980 4.30 69.20 0.40
からすみ 860 28.90 40.40 0.30
さくらえび 700 4.00 64.90 0.10
あん肝 560 41.90 10.00 2.20
すじこ 510 17.40 30.50 0.90
キャビア 500 17.10 26.20 1.10
イクラ 480 15.60 32.60 0.20
さきいか 370 3.10 45.50 17.30
きびなご 370 7.40 47.90 0.50
白子 360 0.80 13.40 0.20
やりいか 320 1.00 17.60 0.40
ししゃも 300 7.80 24.30 0.20
ウニ 290 4.80 16.00 3.30
辛子明太子 280 3.30 21.00 3.00
あゆ 260 13.10 11.40 1.80
車海老 240 0.50 28.20 Tr
うなぎの蒲焼 230 21.00 23.00 3.10
数の子 230 3.00 15.00 0.60
マダコ 150 0.70 16.40 0.10

調味料

食品名 コレステロール
(mg)
脂質
(g)
たんぱく質
(g)
炭水化物
(g)
マヨネーズ(卵黄型) 150 72.30 2.80 1.70
マヨネーズ(全卵型) 60 75.30 1.50 4.50

乳類

食品名 コレステロール
(mg)
脂質
(g)
たんぱく質
(g)
炭水化物
(g)
クリーム 120 45.00 2.00 3.10
ホイップクリーム 100 38.30 1.70 17.60
チェダーチーズ 100 33.80 25.70 1.40
クリームチーズ 99 33.00 8.20 2.30
パルメザンチーズ 96 30.80 44.00 1.90
カマンベールチーズ 87 24.70 19.10 0.90
コーヒーミルク 86 27.60 7.70 60.10
プロセスチーズ 78 26.00 22.70 1.30

菓子類

食品名 コレステロール
(mg)
脂質
(g)
たんぱく質
(g)
炭水化物
(g)
シュークリーム 250 13.60 8.40 22.30
スポンジケーキ 170 5.60 8.10 53.80
ショートケーキ 150 14.00 7.40 47.10
カスタードプリン 140 5.00 5.50 14.70
クリームパン 130 10.90 10.30 41.40

(引用元:https://neutral-fat.com/food/%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%8C%E9%AB%98%E3%81%84%E9%A3%9F%E5%93%81%E4%B8%80%E8%A6%A7/)

このように、コレステロールの摂取を控えたい場合は、
肉・卵・乳製品・お菓子類などの摂取を控える必要があります。
逆に摂取したほうがいい食材はイソフラボンが含まれる大豆製品やアボガドなどです。
アボカドはコレステロールの含有量が0であり、さらに不飽和脂肪酸のオレイン酸という物質を多量に含んでいます。
オレイン酸は動脈硬化の原因になる悪玉コレステロールを減少させ、血液をサラサラにする効果があります。
血圧だけでなくコレステロールも高い場合は、
ヒハツ由来ピペリンの摂取に加えて、アボカドなどをしっかり摂取していくといいでしょう。

【高血圧サプリ原因】 肝臓に中性脂肪がたまる脂肪肝も血圧上昇要因!

悪玉コレステロールを摂りすぎると血管内壁に脂肪がたまってしまいますが、
肝臓に中性脂肪がたまってしまう病気もあります。それが脂肪肝です。

肝臓に中性脂肪がたまる脂肪肝とは

皮下や内臓に中性脂肪がたまると肥満になりますが、
肝臓にたまり、フォアグラのような状態になったものが脂肪肝です。
健康な肝臓でも3~5%の脂肪を含んでいますが、過剰に増えると脂肪肝になります。
正常な肝臓の脂質は、約2/3がリン脂質で占められ、主に細胞の膜を構成し、
残りの約3分の1がコレステロール、中性脂肪、遊離脂肪酸になっています。

ところが脂肪肝では、中性脂肪が異常に増加して大部分を占め、
コレステロールやリン脂質が蓄積することはほとんどありません。

脂肪肝は、年代では30~70代に多く、男性では40歳前後、女性では40代以降の中高年に多発しています。
性別では、男性の方が多く発症しています。健診で発見されるのは10人のうち約2人です。

脂肪肝のある人は、動脈硬化や高血圧になりやすく、
肝硬変や肝炎以外にも心臓病や脳卒中のリスクも高い場合が多いので、生活習慣を見直しましょう。

(引用元:http://www.miyauchi-cl.jp/category/1185944.html)

脂肪肝になると肝臓にどんどん脂肪がたまってしまうわけですね。
そして、脂肪肝になると動脈硬化や高血圧になるリスクが高まってしまいます。
脂肪肝になっている人は3人に一人とも言われており、血圧の健康を損なう原因になっている場合も。

では、なぜ脂肪肝になると高血圧になったり動脈硬化になってしまうのでしょうか?

実は、肝臓では酵素を分泌し、血液中の様々な成分を分解しているのです。
体内の生命維持に一役買っている重要な臓器です。
血液内の状態や血管を健康的に保つために肝臓の機能は欠かせません。

しかし、脂肪肝になるとそんな肝臓の臓器の働きが弱まってしまいます。
すると、血管が固くなってしまう動脈硬化や、分解すべき成分が分解されずに血中に残ってしまいます。
血液内に余計な物質が残ってしまい、サラサラ血液からドロドロ血液になってしまいます。
これらの原因で動脈硬化と高血圧が生じ、どんどん状態が悪化していきます。

脂肪肝になっている人はヒハツ由来ピペリンに加えて、
中性脂肪の摂取量を減らす必要があります。

脂肪肝になる場合は基本的に食べすぎもしくはアルコールの飲みすぎです。
そのため、栄養はしっかり抑えつつ、油っぽい食事の量を減らし、お酒を控える必要があります。
ウコン、オルニチン、タウリン、セサミン、亜鉛、DHA&EPAなどが脂肪肝の改善に向いている成分です。
しかし、これらの成分には高血圧時に副作用が生じるものもあるので、
まずはヒハツ由来ピペリンなどで血管をスムーズにして即効性をもって血圧を低下させましょう。
そこから食生活の見直しによって中性脂肪の摂取量を抑えていきましょう。

【高血圧サプリ原因】 すべての高血圧におススメな成分がヒハツ由来ピペリン

ここまでで高血圧になってしまう原因を解説してきました。
・ストレス
・動脈硬化
・更年期障害
・運動不足
・塩分の摂りすぎ
・アルコールの摂りすぎ
・コレステロールの摂りすぎ
・脂肪肝
などについてみてきました。
多くが日々の生活習慣改善によりじっくり時間をかけて解決していくことができる原因でした。
ですが、生活習慣の改善は一朝一夕にとはいきません。
実際に今あなたの血圧が高いのであれば、それを放置しておくのも危険です。
高血圧である期間が長いと、動脈硬化なども進行してきます。
できるだけ急いで血圧を下げることが重要です。
そのためにも、生活習慣や運動不足の改善を実践すると同時に、
安全かつ即効性がある方法で血圧を健やかに保つ必要があります。

そこでおススメなのがヒハツ由来ピペリンです。
ヒハツ由来ピペリンは副作用がなく、科学研究でもわずか1~2週間で血圧低下の実績を得ている成分です。
さらに、血管をスムーズにし、新陳代謝を高めるので、日々の生活習慣改善を助けてくれます。
ヒハツ由来ピペリンが含有されたサプリである血圧高めの方のタブレットを利用するのがおススメです。

動脈硬化や脂肪肝などサプリや食生活などの改善で血圧を健やかに保つことができます。

更新日:

Copyright© 高血圧サプリランキング徹底比較!血圧低下効果の高い成分 , 2018 AllRights Reserved.